ゴンザロ・ガルシアペラヨ

ゴンザロ・ガルシアペラヨはもともとレコード製作者でしたが、後にルーレットを得意とするギャンブラーとして知られるようになり、ホイールバイアスをカジノにおいて提案した人物です。ホイールバイアスとは、完全にランダムでないルーレットが存在すると考え、それぞれのホイールは独特であるため、一定の数は他のホイールに比べて、落ちやすいと考えます。ゴンザロは、カジノで特定のホイールが何千回も回転するのを観察し、結果を記録し、コンピューターで分析しました。ゴンザロはこの結果を記録する作業に自身の5人の子供の手をかりました。ゴンザロはまずスペインのカジノで成功をおさめ、後に米国に行き、最終的には約1500万ドルを獲得して引退しました。