キース・タフト

キース・タフトは、電子工学に非常に長けてた人物で、約30年の歳月をかけてカジノを打ち負かす装置を開発しました。タフトはブラックジャックにはまり、エドワード・ソープが数学的にゲームに勝つことは可能だと信じていたことを受けて、カードカウンティングのコンピューターを作りだしました。1985年にネバダ州は、ギャンブル時の電子装置の使用を禁じ、10年の懲役を課しましたが、これはタフトが数千ドルを獲得した後の出来事です。2004年にタフトはブラックジャックホール・オブ・フェイムにリストされました。