ロナルド・デール・ハリス

ロナルド・デール・ハリスは1990年初期にネバダ州のゲームコントロール委員会でコンピュータープログラマーとして働いていました。ハリスの職務は、カジノゲームのソフトウェアの欠陥や問題をチェックすることでした。1993年から1995年の間に、ハリスは特定の順番と数のコインを挿入すると巨額のペイアウトを出すようにラスベガスのカジノのスロットマシンのソースコードを変え、詐欺を成功させました。さらにハリスはキノの疑似乱数生成器が前もって選ぶ数を決めるようプログラムを開発しました。結局、ハリスは逮捕されて、2年間の懲役に服しました。ハリスは現在までブラックリストの人物としてカジノへの入場を禁止されています。